空き家活用サポート『アキサポ』

お問い合わせ

あなたの空き家を活用したい人がいます。

↓

アキサポについて

「空き家活用」に必要なこと、面倒なことは、すべて私たちにお任せください。
私たちアキサポは、物件の周辺環境や立地条件など現地調査を行った上で、利活用プランをご提案致します。

アキサポは、オーナーの皆様が満足でき、
これからの街の価値につながるような活用プランをご提案することをお約束します。

リフォーム費用は、アキサポが全額負担します

空き家活用のためのリフォーム設計や施工、工事監理など、
すべてアキサポにお任せください。

賃借人・利用者の募集もアキサポにお任せください

利用者の募集や月々の集金業務、契約や退去などの手続も
すべてアキサポが行います。

空き家活用による賃貸料の一部を還元します

契約期間中は、月々の賃貸料の10%以上を
お支払いいたします。
(区分所有マンションの場合は賃貸料の25%以上をお支払いします)

建物の管理やトラブル対応もご安心ください

リフォーム後のメンテナンスや定期検査も
アキサポが対応します。
※一部、適応できない場合もあります。詳しくはアキサポにおたずねください。

アキサポのホント

アキサポの特徴を
分かりやすく数値でご案内いたします

実際の活用事例

実際の活用事例

相続前に貸せる物件へとリフォームをしたい 長屋の住居がおしゃれなカフェバーに

リフォーム費用をかけずに貸し出せるなら、
活用したいというご要望にお応えいたしました

詳細を見る

実際の活用事例

子どもたちがまた住める家として残したい 大切にしてきた部分を残すリフォーム

固定資産税も管理費分を補いながら、お子様たちの将来のために家を残すというご要望にお応えいたしました

活用までの流れ

無料相談、現地の調査

電話、メールにて無料相談を
承っています。
その後、物件と周辺環境の調査を
おこないます。

ご契約と工事開始

調査に基づいた活用プランを
ご提案します。内容にご納得
いただきましたら、ご契約ください。
改修工事および入居者募集を
開始します。

工事完了と賃料のお支払開始

改修工事が完了し、入居者が
決まりましたら定額の賃料を
お支払いします。
なお、契約完了まで空室や滞納が
発生しても定額保証をいたします。

よくあるご質問

アキサポはどのようなサービスですか?

空き家や使っていないお家を借り受け、リフォームした後に一定期間転貸するサービスです。
また、リフォーム費用はアキサポが一部負担いたします。
賃借人や利用者の募集も一括サポートし、入居後は賃貸料の一部をお支払いいたします。

アキサポを利用するメリットは何ですか?

空き家を貸し出すと、賃貸経営による家賃収入を得ることができます。
また、売却をするわけではないので、将来その家に戻って住むという選択肢もできます。
貸し出しにより人の出入りが発生することで、換気や掃除メンテナンスの手間も省ける上、不法侵入や犯罪に悪用されるリスクも軽減します。
リフォームについてはアキサポが一部負担でおこなうため、所有者様のコストを最小限に抑えられます。
入居者とのやり取りや経営上の手間に関しては、すべてアキサポが担当しますのでご安心ください。

空き家を貸し出す場合、希望通りの設計や活用ができますか?

アキサポには、以下の2つのプランからお選びいただけます。

  • 全部おまかせプラン
    プランや活用方法をアキサポからご提案をさせていただきます。すべておまかせください。
  • オーナーこだわりプラン
    プラン設計から所有者と打ち合わせを行います。ご意向に沿った理想の活用をサポートさせていただきます。

工事期間はどのくらいかかりますか?

空き家の活用プランが決定し、約1.5ヵ月~約3ヵ月を目途に完成予定です。
物件状況やプランにより、工事期間は変動いたします。

入居者の募集や入退去手続きは、どうしたらよいですか?

空き家の活用プラン決定後、入居者募集や退去手続きなどに関わることはすべてアキサポが代行します。
その他、入居者とのコミュニケーションや苦情処理などもすべてアキサポが責任を持って対応しますので、ご安心ください。

アキサポとはどのような契約をしますか?

アキサポとは「定期借家契約」を結びます。定期借家契約は普通借家契約(一般的な契約)と異なり、契約の更新はできません。もし、入居者(借主)が契約満了後も借り続けたいとの意思がある場合は、双方で協議の上再締結が必要になります。

契約は何年間ですか?

アキサポが借り上げる期間および入居者へ貸し出す契約期間は5~15年間です。
契約満了後は、賃料等の収益はすべて所有者の収入となります。なお、集金や建物メンテナンスといった面倒な建物管理業務を引き続き支援するサービスもご用意しています。
※賃貸管理料として賃料総額の5%(税抜)を頂戴しております。

建物が傷んでいる空き家でも活用できますか?

建物の状況について詳細を現地調査させていただいた上で、最善の活用方法をご提案させていただいております。もし建物の利用が難しい場合でも、今後の対策や対応についてアドバイスいたします。

アキサポとGOODIYのサービスはどこが違いますか?

弊社関連サービス「GOODIY」は、空き家を利用したい人と空き家をつなげるDIY賃貸サービスです。

  • アキサポの場合
    所有者とアキサポで協議の上、空き家の活用方法を決めます
  • GOODIYの場合
    所有物件と入居条件をサイト上に掲載し、入居者(借主)を募集します。

なお、所有者様においてはどちらのサービスもコストをかけずに始めることができます。

空き家を放っておくとどうなりますか?

空き家を適切な維持管理を行わず放置すると、以下のような問題を生み価値が下がります。

  • 建物の老朽
    誰も住んでいない建物は換気や通水がされず、劣化が進む。
  • 景観の悪化
    雑草の繁殖や壁の落書きにより、周囲の街並調和を乱す恐れがある。
  • 防犯上の不安
    不法侵入や不法投棄、その他犯罪に悪用されるリスクが発生。
  • 防災上の不安
    放火や自然発火による火災は発見が遅れ大火災になる可能性がある。
  • 不動産価値の低下
    建物の老朽により資産価値が下がり、修繕にもコストがかかる。

空き家対策特別措置法とは何ですか?

年々増加する空き家への対策として、2015年に「空き家対策特別措置法」が施行されました。これにより市町村に空き家対策の法的根拠が与えられ、解体の通告や強制対処の指導が可能となりました。
また、次の条件のいずれかに該当すると「特定空き家」として指定されてしまいます。

  • 倒壊等、著しく保安上危険となるおそれのある状態
  • 著しく衛生上有害となるおそれのある状態
  • 適切な管理を行われていないことにより、著しく景観を損なっている状態
  • その他周辺の生活環境の保全を図るために、放置することが不適切である状態

特定空き家に指定されると、従来まで受けていた固定資産税が最大1/6に減額される住宅用地の特例が受けられず、更地と同様の6倍となってしまいます。

お問い合わせ・ご相談はこちらから

お電話でのお問い合わせ 0120-979-008

下記必要事項をご入力の上、送信してください。
担当者より追ってご連絡いたします。
※場合によっては、掲載をお断りする場合がございますので、予めご了承ください。

は必須項目です。

種別
ご質問など
会社名
ふりがな
ご担当者名
ご住所
お電話番号
メールアドレス

個人情報の取扱いについて

当サイトより取得した個人情報はプライバシーポリシーに従い、適切な取扱いに努めてまいります。
個人情報保護法に定める例外事項を除き、ご本人の同意を得ることなく第三者に提供、開示いたしません。
同意いただける方は「送信する」のボタンを押してください。